パイプレーザー機

Tubelaser LTFiber

A convenient way to approach tube laser cutting


  • 加工範囲 Φ12 - Φ120
  • レーザー発振器 IPG製 Fiber 1KW
  • 材料搬入長さ 6.5 m
  • 製品搬出長さ 4.5 or 6.5 m
  • パイプ重量 13.5 kg/m
  • 2Dカッティングヘッド
  • 切断可能材料 鉄、ステンレス、アルミ、真鍮、銅、亜鉛メッキ

     

Essential and complete: everything needed for laser cutting tube

LT5は、Lasertubeの中で最もフレンドリーなマシンです。
使用が簡単で管理が簡単で、生産性が高く、製品の変更頻度が低くロット数の多い方に向いています。

1kWのファイバ源を備えたLT5は、板厚の薄いものに適切な機械です。

ファイバーレーザーの利点


消費電力が低く、効率的

CO2と比較したファイバレーザ技術の電気効率の向上は、システムの電気消費を大幅に削減し、電力料金の節約と要求の減少による初期設備への節約をもたらす。

薄肉材料のための優れた性能

薄い材料での窒素アシストファイバレーザ切断の高速切断は、CO2切断と比較して機械生産性を2倍以上向上させます。薄い板厚の軟鋼、ステンレス鋼および亜鉛メッキは、ファイバレーザ切断で最も有益な材料です。


レーザーメンテナンスがゼロ

ファイバレーザは、日常的な調整、部品の交換を必要としません。 また、レーザーガスも消費しません。 レーザービームの品質は安定しており、時間の経過に関わらず一貫しています。 それをオンにするとすぐに切断準備が整い、 ウォームアップは必要ありません。

新材料で新加工を

銅や真鍮などCO2技術で切断できない材料をファイバレーザーで

簡単に切断できます。 アルミニウムや亜鉛メッキ鋼でも簡単に加工できます。


LT5 is small.

 

Occupying less floor space means having a smaller impact on the organisation of your production.

 

The ability to optimise the entire production flow and eliminate unneeded handling of bars and the parts frees up floor space and saves labor.

 

LT5 is small.

 

Occupying less floor space means having a smaller impact on the organisation of your production.

 

The ability to optimise the entire production flow and eliminate unneeded handling of bars and the parts frees up floor space and saves labor.

 

Occupying less floor space means having a smaller impact on the organisation of your production.

 

The ability to optimise the entire production flow and eliminate unneeded handling of bars and the parts frees up floor space and saves labor.

 

Occupying less floor space means having a smaller impact on the organisation of your production.

 

The ability to optimise the entire production flow and eliminate unneeded handling of bars and the parts frees up floor space and saves labor